保育者の重要性

保育者は、人を育てる、子供の成長・発達を助長する人的環境。
小学校の教員も人を育てる仕事です。
人間としての心情・意欲・態度の基礎を多方面から培うことが保育の役割です。
それゆえ、保育者は広い心、あたたかな目をもって子供に接してほしいものです。


子供の可能性は無限大にあります。
この可能性は自然に伸長させることはできません。
保育者の適切な援助・指導・介入があってこそ、その可能性が実を結ぶのです。
クラス担当の先生のカラ―は、子供たちに影響を与えます。
保育者としての自分の特性が子供たちの将来を左右するといってもいいでしょう。
これから学校生活や社会生活を過ごすために必要な基本的な姿勢・態度・ものの考え方等、人間の根幹に最も影響を与えるのが、保育者だと考えればいいでしょう。


保育活動が行われているときは、絶対に休むことがないように、しっかり体調管理を。
保育者の資質としてもっとも大切なものは健康です。


関連記事


キーワード