職場における人間関係

保育士の仕事は、あこがれの職業の一つです。
保育士を目指し、免許や資格を取得するために養成校や大学に入学します。
学生時代は、仲のいい友達と一緒に行動していれば、支障はありませんでした。
好き嫌いが合って当然ですが、学生時代はそれでもいいですが、社会では通用しません。


仕事を通じて一つの目標を達成するために、職場の職員が一致協力しなければ何も実現することができません。
年齢や経験年数の異なる人たちの意見に耳を傾けるという姿勢がなければ、保育士としてではなく、社会人として失格でしょう。
転職した職場では、徐々に自分のカラ―を出していくのです。
素直に助言を受け入れる心、常に学んでいこうとする向上心があれば、人間関係は自然と円滑になるでしょう。


関連記事


キーワード