面接で好印象

転職がうまくいくかどうかは、面接での第一印象がかなりウエートを占めます。
採用面接は緊張するものですが、笑顔が素敵だとそれだけでポイントが高くなります。
相手に好印象をもってもらうことが大事ですから。
質問されたことに対しては、顔を上げて笑顔で答えましょう。
そのためにも、事前に質問に対する答えを準備しておく必要がありますね。


その人の印象を決めるポイントの一つに姿勢と目線があります。
背筋を伸ばしてきちんと前を向いて座りましょう。
入室する際の一礼は、必ず足を揃えて、一度止まってからしましょう。


面接での自己PR、志望動機がうまく話すことができれば、採用は目の前です。
聞き手が興味を示す話と話し方が大切です。
体験談を話すこともあるでしょう。
子供の姿、先輩保育士の助言や援助、指導など相手にその情景が目に浮かぶように、ゆっくり話すことです。
体験談だけでなく理想の保育士像を意識して一緒に付け加えてみてください。
自分のやる気を見せることです。


自分の長所を述べるときも保育士として働くことを前提としたものが望ましいです。
協調性がある、積極的、いつも朗らかで明るいなど言葉を直接述べるのではなく、エピソードを話すのです。
そのエピソードも一番インパクトのある一つに絞ることです。


関連記事


キーワード