保育の対象は、未成熟、就学前の子供たちです。
その子供たちの生命を守り、情緒を安定させることが、保育者の使命です。
養護的性格を期待されているのが、保育者の仕事です。
それに並行して、小学校に入学する前に、学校生活をスムーズにおくることができるように、生活態度を養成しなければなりません。
これらのことを保育実践の中で達成されることによって、子供の健やかな心身の成長・発達が促されます。

保育者は、子供の一番身近な存在として成長の過程を見守り、その都度適切な指導・援助・配慮をすることが求められます。
子供の成長は、入園前の家庭生活や生育環境の違いから個人差があります。
その違いを認め、個々の子供にふさわしい関わり方もすることが大切。

また、子供の保護者への対応も重要な仕事の一つです。
子供の日々の園での生活態度や遊びの様子から、子供の成長をとおして気づいたこと、感じたことを、保護者の方々に正確に伝えることが要求されます。
また、保護者のさまざまな子育てに対する悩みや相談に対して、耳を傾ける姿勢も重要。
保護者からも信頼を得らなければ、保育士の仕事はつとまらないでしょう。

転職を失敗しないためにおさえておきたい2社。

マイナビ保育士
保育士転職エージェントの大手:マイナビ保育士登録はこちら
保育士バンク
全国規模の良質な求人を紹介してくれる保育士バンクの登録はこちら
今すぐ人材登録しましょう!
転職エージェントの利便性と効果を実感することができます。

保育士・幼稚園教諭専門の人材紹介会社を紹介しています。お住まいの地域にある保育園・幼稚園の検索や、休日、給与、正社員などあらゆる条件の求人がピンポイントで探せる上に、転職コンサルタントがあなたの手足をなって、無料でサポートしてくれます。

今すぐに無料登録する
保育士バンク
マイナビ保育士
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧