保育士を辞めて別の仕事へ転職する方法

保育士を辞めて別の仕事へ転職する方法「保育士を辞めたい」「保育士を辞めて別業界に転職したい」という方もいます。保育独自の仕事の大変さや職場での人間関係、それから「お給料が少なく生活していけない・・・」なんて理由も保育士を辞める理由としては多いですね。

自分の考えで保育士を辞めることは悪いことではありませんし、別業界に挑戦することも素晴らしいことだと思います。

では、保育士を辞めてから別の業界へ転職するにはどうすればいいのでしょうか?今回はその点をご紹介したいと思います。

【別の仕事へ入職するまでの流れ】

  1. 次の仕事を見つける
  2. 経歴書、面接を経て内定をもらう
  3. 内定後、現在の職場に退職の意向を伝える
  4. 次の会社へ入職

次の仕事を見つける

まず仕事を辞める前に次の仕事を見つける必要があります。先に仕事を辞めてしまうと、次の仕事が上手く決まらなかった時に精神的にきつくなってしまいますからね。生活費のことを考えても、次が決まっていない状態で辞めてしまうのは危険です。

保育士を辞めて別業界へ転職する方は「事務職」を目指す方が多いです。企業の事務だったり、医療事務のような分野で働く方もいますね。いずれにしても未経験からでも挑戦しやすく、正社員としても働けるので女性から人気です。

WordやExcelの基本的な操作ができれば採用される確率は高まります。「MOS」のようにWordやExcelの資格もありますが必ずしも必要ではないですし、なくても採用されることは可能です。

おすすめの求人サイト

01位

女の転職@type

★★★★★

簡単60秒登録!好待遇非公開求人多数!
・女性のためだけの求人サイト
・企業からお誘いが来る!スカウト機能あり
・正社員だけでなく、高時給な派遣紹介の実績も高い!
・無料登録から紹介、面接、決定までスピーディー!

求人職種 事務、販売など
求人対象地域 全国対応
雇用形態 正社員、契約社員、パート、派遣社員

内定を貰った後に現在の職場に退職の意向を伝える

経歴書・面接を終えて内定をもらった後に初めて、現在の職場に退職の意向を伝えます。このとき園の行事日程や辞めるタイミングなどもあるかと思いますので、面接の時または内定後の入職日調整の時に「すぐには辞められない」ということを次の職場に伝えておくと、トラブルなく転職することができます。


関連記事


キーワード